今日の逸品は・・・

ラッキョウ

今年もらっきょを漬ける季節になりました。

毎年お取り寄せしている「鳥取砂丘の洗いらっきょう」です。土らっきょうのような剥く手間がいりません。

今年はりんご酢と米酢をブレンドして漬けました。

半年後位から食べ頃になるので、それまで吉と出るか凶と出るかはわかりませんがイメージではフルーティーならっきょになるような気がします。

今年から、瓶に入れずにジッパー付袋で漬けてみることにしました。

袋の隅にストローを刺して空気を吸い込み出来る限り真空状態を作りました。

こうすることで空気に触れないので、カビなどの心配がなくなります。

 

『安藤忠雄氏の初期原図がズラリ展示

建築家、安藤忠雄氏の初期原図が会場内を埋め尽くす──。

「安藤忠雄 初期建築原図展─個の自立と対話」が、東京・湯島にある文化庁 国立近現代建築資料館で201968日から始まった。

会期は同年923日まで。入場は無料。

安藤氏は1969年にアトリエ(安藤忠雄建築研究所)を設立。2019年は事務所の設立から、ちょうど50年に当たる。

この展覧会は「初期」と名が付く通り、70年代から90年ごろまでに手掛けたプロジェクトの設計原図を、スケッチや模型、写真などを交えて紹介するものだ。原図は手描きの「本物」である。

展示されているプロジェクトはいずれも、国内に現存するものばかり。

90年ごろまでは、関西圏の住宅が多いのが特徴だ。

「上田邸」(79年/増築87年)や「松谷邸」(79年/増築90年)など、展示という形ではこれまで公開されることがほとんどなかった住宅の原図も含まれる。

もちろん、安藤氏の初期の代表作である「住吉の長屋」(76年)や「小篠邸」(81年)、「六甲の集合住宅機廖83年)、「光の教会」(89年)などもそろっている。

会場入り口には初期の代表作である「住吉の長屋」の原図と模型を展示

〜日経XTECHより抜粋〜

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

-----------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

外断熱で一年中・快適・省エネ エコロジーアメリカンハウス

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7164-8081    FAX  04-7164-8071

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 柏市 松戸市 野田市 流山市 白井市 印西市 成田市

        茨城県取手市 つくば市 つくばみらい市 牛久市 守谷市