こんにちは!スタッフ 堀です。

 

前回、「低炭素建築物」についてお話をしました。その続きです。

「低炭素建築物」とは、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)において定められたもので、

『二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物』として所管行政庁の認定を受けたものをいいます。

 

低炭素建築物の認定を受けた住宅とは、具体的にはどのようなものでしょうか?

まず、認定対象は「市街化区域内」または「区域区分に関する都市計画が定められてない場合においては、用途地域の定められている地域」における建築等となります。そして、

   省エネルギー基準を超える省エネルギー性能を持つこと、かつ低炭素化に資する措置を講じていること

   都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針に照らし合わせて適切であること

   資金計画が適切であること

上記の条件を満たしていることについて、認定申請をすることで「低炭素建築物」の認定を受けることができます。

 

   については3つの認定基準があります。

<基準以上の「外皮性能」の確保>

外皮とは暖冷房する空間と外気との境界である外壁・屋根・窓等。その「外皮平均熱貫流率(断熱性)」・「冷房期の平均日射熱取得率(日射遮蔽性)」を検討します(建物が住宅の場合)。

両方とも「値が小さいほど省エネ性能または冷房効率が高い」となり、基準値以下とすれば適合です。

<「一次エネルギー消費量」が、省エネ法で定める省エネルギー基準よりマイナス10%パーセント以下となること>

一次エネルギーとは、石油・石炭・天然ガス・太陽光などの「自然から採取された、未加工の物質を源としたエネルギー」のことです。これらを加工等して得られる電気や都市ガス等(二次エネルギー)の消費量を一次エネルギー消費量に換算して検討します。

<低炭素化の認定要件から2項目以上該当する>

節水対策や躯体の低炭素化など、低炭素化に資する措置・8つの項目のうちから2つ以上該当させる必要があります。ヒートアイランド対策など、戸建て住宅ではしにくい措置もありますが、「木造住宅」というだけで1項目はクリアができます(躯体の低炭素化)。

 

長くなりましたので、また次回に。

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------