30℃を超える日も多くなり、エアコンが欠かせない時期になりました。

体感ショールームでは初めての夏になります。

今まではお施主様の声だけが頼りでしたが、今は私たち自身も体感することが出来、どうすればエアコン1台でより快適に暮らせるのかを日々考えています。

 

私が毎週木曜日にUPしている“高気密高断熱住宅 湖北台体感ハウス 今日の温度”の6/4のブログでは

室内温度が25.3℃〜25.4℃で湿度が65%〜67%あり

エアコンルームは22.7℃ 湿度79%もあります。

エアコンの設定は冷房運転です。

体感的には暑くはありませんが、涼しいといった感じはありません。

こんなものなのかなと思っていたのですが宮崎が「除湿冷房にした方がいいんじゃないかな」と言い出し・・・

6/11エアコンの設定を除湿冷房に替えて運転したところ

エアコンルームの温度は24.1℃ 湿度63%となり、6/4と比べ温度は高いですが湿度が16%も下がりました。

室内温度も26.1℃〜25.7℃で 湿度が58%となりました。

湿度が下がったおかげで体感は涼しさを感じます。

扇風機を付ければ更に快適です。

 

夏の暑い時、エアコン温度を下げることばかりを考えてしまっていましたが、湿度を下げることが快適性を向上させることがわかりました。

エアコンの温度を下げれば下げるほど湿度は上がりますから、温度を下げたからと言って必ずしも快適性を得れるわけではないのです。

 

夏場の湿度が60%以下に保てると人は快適に感じるそうです。

普通の家でも一緒で、暑い時は、部屋の温度を下げる前に除湿冷房をしてみてください。

60%以下を切らないときは、さらに除湿器を使うのが効果的です。

扇風機も涼を感じる必須アイテムです。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキンはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------