断熱には皆さんもご存知の通り、構造体の壁の中に入れる「充填断熱」と構造体の外側に張るように取り付ける「外張り断熱」の2種類があります。

 

そして素材としては多種あり、充填断熱の代表的なグラスウールやロックウールなどのマット系は無機繊維系。

またセルロースファイバーは、木質系。ポリスチレンフォームや弊社も使う硬質ウレタンフォーム、フェノールフォームは、発泡プラスチック系。少し変わったもので天然系の羊毛などもあります。

 

簡単に書いてこれだけありますが、断熱材はまだまだあります。

そんな中から自分たちが創る住宅には‘価格や性能面、そして技術的な面からも何が適正なのか’を決めるのは至難の業。とはいえ、本当にそこまで考えて作っている会社はどれだけあるのだろう?

フランチャイズだったり、右へ習えだったり。。。。

 

またそれぞれの断熱材での長所短所があり、断熱工法によっても同様です。

では断熱をする上で何を重視するのか?

 

私の場合は、性能値と価格、そして施工性です。

 

過去のブログを読んだ事がある方はご存じでしょうが、弊社住宅では構造はツーバイフォー工法で高性能グラスウールを使った充填断熱で造っていました。

 

これはツーバイフォー工法の特性である構造体のファイヤーストップのBOX構造を利用したもので、先にも書いたR2000住宅を模した施工方法です。

ところが充填断熱では壁の中に電気配線やコンセント、スイッチ類、時には給排水の配管なども壁の中で絡んできます。これを隙間なく断熱するのは至難の業で、しかも施工するのは大工さん。

また電気屋さんにも指導するわけですが、私自身も見ていないと心配になる。そして見かねて自分で施工する。

なんてことを繰り返していました。

 

そんな時、外張りのセミナーに参加したのが、今の高性能、そして技術的にも正確で安心な住宅へと繋がります。

初めの頃はツーバイフォー工法で外張り断熱?

なんて当時は言われたんです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・耐震のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区・新宿区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------