エムアンドエー設計工房の住宅では2005年から‘外張り断熱’を採用しています。

当時は「断熱材がずれ落ちる」「燃えやすいからよくない」「価格が高い」など外張り断熱は言われ放題でした。

ところが【いい家がほしい】(松井修三:著)がベストセラーとなり状況は一変(とまではいかないか・・)、外張り断熱が注目されます。少し古いですがダイワハウスのジーボという外張り断熱の商品CMもありました。

 

断熱材を選ぶ上で性能や価格面は商売をしている以上は重要なファクターですが、絶対条件として‘容易な施工’があります。前にもお話しましたが充填断熱(壁の中で断熱する工法)では正確な施工をするには手間がかかります。

断熱材の入れ方からコンセント廻りの処理、気密シートの張り方、などなど。

これらを正確に施工して、はじめて決められた性能を発揮するのです。

 

この施工でミスが起これば壁体内結露が待っています。

 

外張り断熱の利点は何と言っても私は施工性を挙げます。

詳細はお話出来ませんが外張り断熱ボード(3×6サイズ)を外壁に張り、接手を気密テープで留めれば基本的には完成します。また同時に面倒な気密処理も行えるので一石二鳥なのですが、同時に水密性も上がるのでサッシ廻りも非常に簡単に納める事が出来ます。なので、一石三鳥??

 

また壁の中の結露問題も外張り断熱では「シンプルに安全」なんです。

外張り断熱ですから壁の外側で断熱施工をします。つまり壁の中には何もありません。

壁を通過する水蒸気は構造用合板などで少し透過しますが、弊社が仕様している硬質ウレタン断熱材は、材料を防湿層で覆っているので透湿抵抗が高い製品となっています。

 

結露計算をしても分かりますが、壁体内結露も心配する必要が基本的にはありません。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・耐震のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区・新宿区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------