先週のブログ“銀座でランチ”の後に向かったのは東京都台東区池之端にある岩崎邸です。

岩崎邸外観
 

旧岩崎邸は、1896(明治29)年に三菱を創設した岩崎家の第三代当主・久彌の本邸として建てられ、往時の3分の1の面積を持つ園内には、洋館、和館、撞球室(ビリヤード場)の3棟が現存し、洋館と撞球室は、日本の近代建築史に名を残す英国人建築家、ジョサイア・コンドル。

洋館に併置された和館は、名棟梁大河喜十郎の施工と言われています。現在は国の重要文化財に指定されています。

洋館は主にゲストハウスとして使われ英国のジャコビアン様式を基調にし、ルネサンスやイスラム風のモティーフなど複数の様式を折衷しています。

岩崎邸和館

和館は、岩崎家の日常生活の場となっていましたが、現在は書院造りの大広間3部屋のみが現存しています。

往時は15千坪の敷地に20棟もの建物が並んでいたそうです。

岩崎邸階段

洋館と言えば、階段が素晴らしい建物が多いですが、こちらの岩崎邸もホールにこのような階段があります。
よく見ると片側だけの壁から持ち出していて、反対側には壁おろか柱もありません。
このような重厚な階段をどのように支えているのか?と考えさせられます。

岩崎邸窓


岩崎邸R

又、窓枠やドア枠も幅広いデザインされたものが使われていたり、Rの開口があるのも見どころだと思います。

岩崎邸暖炉

暖炉の上に鏡があるのも“ザ洋館”といった感じです。


岩崎邸ビリヤード

こちらのビリヤード場は洋館と地下通路でつながっています。

 

10年位前に訪れた時はボランティアの方が案内してくれましたが、今回はいらっしゃいませんでした。

名所では見どころを解説しながら案内してくださるボランティアの方たちがよくいらっしゃいますが、コロナの影響でその活動も自粛になっているのでしょう。

案内していただけると解説を読むだけでは知りえないことが分かってよいのですが、早い収束を願うばかりです。

又、岩崎邸では窓を開け放ち、扇風機を各所に置き、風通しを良くしていましたので、安心して楽しむことが出来ました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

-----------------------------------------------------------