こんにちは!スタッフ 堀です。

さて、近々、久しぶりに設計業務で「天空率」というものをを検討することになりました。実際の検討(計算)はCADの操作でできるのですが、計算にかかるまでの「入力」が慣れるまで大変。

前回の作成から3年近くたっているので、自身の復習も兼ねて? 「天空率」がどういうものか、こちらで書いていこうと思います。

 

建築基準法上では、建物の高さについて「道路斜線制限」 「北側斜線制限」 「隣地斜線制限」と言われる制限があります。敷地の道路境界線、また隣地境界線・北側の隣地境界線から一定の範囲内において、建物の高さには制限が設けられています。

道路に面しているビルでは、「道路斜線制限」に抵触しないよう、中層〜高層部の外壁面が斜めにカットされたような形状になっているケースはよく見られると思います。

道路・隣地境界線から特定の角度で上がってくる斜線に建物が当たってしまうと、そのままでは建築許可が出ません。

周囲の採光・通風などの環境を良好に保つことが斜線制限を設けている目的ですが、時にその制限により、敷地や建物の形状によってはデザイン面・建物のボリューム等において不利になってしまいます。

平成14年の法改正によって、「天空率の比較による斜線制限の緩和」ができるようになりました。

次回に続けてお話ししようと思います。

 

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------