続き・・・・

 

住宅の性能は‘快適’‘暑さ寒さを感じない’など言葉では簡単に言い表すことが出来ますが、全く同じ住宅を同じく同条件化で比較しなければその良し悪しはわかりません。この断熱性能値が次世代省エネ基準から数値で表すことが出来るようになりました。この断熱性能値をQ値といいます。

Q値とは熱損出係数の事で単位はW/屐Γ砲如外壁・屋根・窓などの外皮を部位別に計算して延床面積で割った数値となります。数値は小さいほど断熱性能が優れているという事になるのですが、床面積で割るという事は小さな建物は分母が小さくなるので、どうしても数値だけで比べると不利になりますが性能が数値化できるという事は画期的なこととなります。

 

現在ではこの不条理に応えるべくUA値(外皮平均熱貫流率)で表現されるようになりました。

この外皮平均熱貫流率は屋根、外壁、基礎、窓などの外皮部位を部位別に熱貫流率を計算して外皮面積で割った数値で、先のQ値が床面積で割るのに対して、個別住宅の外皮面積で割るので個別の住宅の断熱性能がわかるようになりました。

これにより大きな住宅でも小さな住宅でも数値で比較出来るので、お客様でも自分の家の性能を正確に知ることが出来るようになりました。

 

断熱については別に触れますが、まず私が常に重要視しているのが‘気密’です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・耐震のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区・新宿区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------