続きです・・・・

 

気密性能も重要視されたことで、かねてから断熱と気密、換気はセットで考えていた私たちにも朗報でした。いくら断熱性能をUPしても気密が悪ければ損出箇所から熱の出入り(損出)が頻繁に行われ光熱費が掛かり、省エネにはならないからです。

 

私が高気密に取り組みだしたのは1997年からで、断熱性能よりも気密(総相当隙間面積:C値)を如何に良くするかを考えました。

断熱は素材や厚みにより簡単に性能を上げる事が出来るが、気密性能は施工が絡み、また施工は私自身が施工するのではなく実践するのはフレーマーや造作大工さんたちなので2×4工法の中で隙間が生まれる所をどのようにして潰すか?がテーマでした。

 

とはいえ当時はまだ次世代省エネ基準も発表される前でしたから、施工段階で考えられる隙間を設計段階から考え、当時は充填断熱で設計していたのでアメリカから今で言う気密バンドや北米の高性能な断熱材も輸入し試行錯誤で施工していた事を思い出します。

今から思うと仲間内で議論し、共に考えと楽しい時期でした。

 

さて高気密住宅とは?という問いに数値的な定義はありませんが、業界では1.0c/屬噺世錣譴討い泙后しかし私は0.7c/岼焚爾望ましいと考えています。現在の住宅では工法を問わず普通に造れば1.0前後の数値は可能だからで、熱損出の側面からも0.7以下が望ましいでしょう。

 

弊社の住宅は全棟で気密測定を工事の中間で行い、全棟で0.5/岼焚爾鮗存修靴討い泙后

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・耐震のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区・新宿区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------