こんにちは!スタッフ 堀です。

家の扇風機をすでに片付け、ちょっと早い気もしますがストーブも出してきてしまいました。朝晩の冷え込みが徐々に強まってきたように思います。

 

これから来る冬。室内の温度はエアコンやストーブ等で調整される方が多いと思いますが、部屋の空気を温めても、時折 冷たい空気や感触で不快に感じられることがあると思います。

原因の一つとして挙げられるのが「コールドドラフト」。こちらのブログをよく見てくださる方にはご存じの方も多いと思いますが・・・。

「コールドドラフト」は、室内の空気が冷たい窓に触れて冷やされ、床の近い部分に降りて広がる気流のことを言います。

ドラフト(draft)という言葉、「すきま風」という意味もあるようですが、コールドドラフトはあくまで「室内で発生する気流」ですので、例えば窓回りや外壁の隙間をふさいだとしても元凶を断つことにはなりません。

冷たい空気は暖かい空気よりも重く、よって窓付近で発生したコールドドラフトは壁に沿って降り、床面に広がります。暖房でせっかく温めた空気は頭上側にたまるばかりになり、足元のほか、就寝時に床や壁付近から冷たさを感じることにもなります。

 

コールドドラフトを防ぐには、窓際で空気を冷やさないこと。

   窓際で暖房器具を使用して空気を温める。宿泊施設や公共施設、また寒さの厳しい欧米の住宅などで、窓際にオイルヒーター等が置かれているケースが時折見られます。

   冷たい窓辺、又は空気を遮断する。

 長く厚手のカーテンを閉める、また外側の雨戸・シャッターを閉める。

   窓の断熱性を高める。

 熱を伝えやすいアルミサッシではなく、断熱性・気密性の高い樹脂サッシ等に変更する。またガラスは単層・複層よりさらに断熱性の高いLow-e複層ガラスに変える。

既存のサッシはそのままに、内側に断熱性のあるインナーサッシを取り付ける、という方法もあります。

これらは室内窓回りの結露対策にもなります。

 

コールドドラフト対策には上記のような方法があります。3番目はお金も手間もかかるものですが、家の断熱性能も合わされば、家を長持ちさせられることにもなります。また省エネにもつながります。

インナーサッシ取り付けは弊社でもリノベーション工事で採用したことがあります。快適な冬を迎えるための案の一つとして、ご参考いただければと思います。

 

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------