こんにちは!スタッフ 堀です。

 

今回は、建物の高さについてお話を少し。

建築確認申請においては、建物の「最高の高さ」 「最高の軒高」 「軒先の高さ」 「各階の高さ」 「1階床の高さ」・・・など、建物各所の「高さ」を図面や書類に明記する必要があります。

特に屋根・軒高・軒先など、建物で最も高い部分の高さは基準法の制限により、時に建物の形状にもおおきな影響を与える要素です。

基本的にこういった建物の高さは「地盤面からの高さによる」と基準法施工令にありますが、いくつか例外があります。

ほぼすべての物件で検討しているといってもいい、「道路斜線制限」。これを算定する際には、建物の各部の高さは「前面道路の路面の中心」からの高さとなります。ゆえに、道路が敷地よりも大きく下がっていると、建物の高さは大きく制限を受けることになります。

※ただし 敷地の地盤面が前面道路より1.0m以上高い場合には、「その高低差から1mを減じたものの 2分の1だけ」高い位置と見なす、という緩和措置があります。

これらは、道路斜線制限について天空率を検討する際にも、適用されます。

 

次回は、「平均地盤面」についてのお話です。

 

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

 

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------