こんにちは!スタッフ 堀です。

先日 久しぶりに震度3ほどの地震を感じました。緊急地震速報の通知は無く、特に強い揺れではありませんでしたが、ずいぶん長く揺れているように感じられました。

昨今、話題といえばまず新型コロナウイルス感染症のことですが、何が流行っていようと地震や台風はお構いなしです。変わらず、防災の備えは必要だと改めて気が引き締まりました。

 

さて、いわゆる構造計算を必要としない、小規模な木造建築物でも、地震力・風圧力に耐えられる「耐力壁」の量を検討する必要があります。

地震力に対しては、『その階の床面積』 に 『階および屋根の重さによって異なる数値(cm/屐法戞,鬚けた数値、

風圧力に対しては、X方向・Y方向それぞれに 『床から1.35m以上の外観の見附面積』 に 『50もしくは 50超〜75の特定行政庁の定める数値(cm/屐法戮鬚けた数値

・・・以上の数値の壁量(耐力壁の長さ(cm))が必要になります。

 

しかし、ただその数値をクリアすればよい、というものでもありません。木造建築物の耐力壁は「バランスよく配置する」ことが重要になります。

その検討方法である、通称 「4分割法」について、次回 詳しくお話ししたいと思います。

 

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------