今週の木曜日に震災から10年を迎えます。

恐らくほとんどの方は当日のあの時、何をしていたか、その後どのように行動したのか、などの記憶を鮮明に覚えている事でしょう。

普段日常を暮らしている中で、10年前の日時を問われてもほぼ記憶には残っていないのが普通ですが、当日の行動、そして一夜明けてからの津波そして数日後の原発の水素爆発など、被災地の現状を目の当たりにして「この世の終わりのような暗い気持」になった事も覚えています。

私たちがそんなふうに思ったのですから、被災された方々は大変だった事でしょう。

10年一区切りとはいいますが、被災地には区切りなんてないのでしょうね。記憶にとどめましょう。

 

さて本題です。

 

お出で頂き、話を聞いたのは業務も終えた昨年末。

引き渡されてからの経緯や建物の構造などについてお話を伺いました。

 

カビの発生確認は昨年7月中旬に引き渡しを終えたその月の終わり頃から8月初旬にかけて。

発生場所は換気を行っている箇所やリビングの小上がり畳の下部収納内、トイレの床、洗面所などの多岐にわたっていたそうです。

 

何が原因なのか?

表面上の解決ではなく、根本的な解決を考えた施主さんは、建てた工務店に相談したのですが積極的に原因究明する事無く、のらりくらりと表面上つくろおうとする工務店に業を煮やした施主がホームインスペクターに調査を依頼して、調査、また工務店を交えての話合いを続けたのですが進展もなく、心配になった施主さんは高気密高断熱住宅を作るビルダーや建築家に話を聞いてもらい解決策を探る中で弊社にも連絡がきたようです。

 

まずは建物の図面を確かめなければ・・・えっ!これだけ!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・耐震のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区・新宿区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------