こんにちは!スタッフ 堀です。

新型コロナウイルス感染症の、4回目のワクチン接種がようやく私もできるようになりました。少し先ですが、予約済み。インフルエンザ予防接種との間隔も、今回からは空けなくていいそうで、こちらも近々受ける予定です。この冬も、どうか健康に過ごせるようにと願うばかりです。

 

「三密」という言葉をすっかり聞かなくなったように思います。密閉空間・密集・密接な会話等を避けよう、というコロナに対する集団発生防止策のひとつ。今やワクチン接種も進み、イベントや旅行といった人の行き来も再開しつつあります。

そんな時に飛び込んできたのが、韓国での痛ましい事故のニュース。ソウルの繁華街 梨泰院で起きた雑踏事故によって、大勢の死傷者が出てしまいました。当時、現地では大変な人出で、狭い路地に身動きできないほどに人が集まり、次々に将棋倒しのようになって大惨事となってしまったようです。

 

「群衆雪崩(ぐんしゅうなだれ)」という言葉も使われていますが、この言葉を私は数年前に聞いたことがありました。とある防災に関するテレビ番組で取り上げられていた言葉です。

東日本大震災の際、都心部で帰宅困難者となった人たちが大勢、徒歩で帰宅することになりました。番組では今後またこのような事態になった際に、群衆雪崩という事故が起きかねないとして警告していました。

人の流れが一方に決まっているとは限りませんし、歩く途中でしゃがんだりつまづいたりすることもあり得ます。またパニック状態が広がる恐れもあります。お互いに隙間が無いほど人が密集しているときに、たまたま生じた隙間に人が倒れこんでしまうことで群衆雪崩は発生してしまう危険性があるのだそうです。

満員電車は私もよく体験しますので、大勢が倒れこんでくるかもしれない、という怖さはよく想像できます。

 

東京を始めとした都市部では、危険を招く災害時の一斉帰宅を抑制するための取り組みもあります。

例:東京都防災ホームページ 「帰宅困難者対策ガイドブック」

入場制限や警備の強化など、人出を予測して警戒する方法もある一方で、時には「その場に行かない・出ない」という個人の選択も重要になると思います。

 

今日も、ブログを見てくださってありがとうございました。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

下記のランキングに参加しています。クリックして頂ければ幸いです

人気ブログランキングはコチラ

ブログ村ランキングはコチラ

♪♪2つともクリックして頂けると嬉しいです♪♪

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

----------------------------------------------------------

新築・リフォーム・土地のご相談は無料です。遠慮なく連絡ください

家庭用エアコン一台で一年中快適に暮らせる家づくり

株式会社 エムアンドエー設計工房

TEL  04-7196-6850    FAX  04-7196-6849

http://www.m-a-sekkei.co.jp

info@m-a-sekkei.co.jp

業務     省エネ住宅の新築 リフォーム 耐震診断・改修 コンサルタント

施工エリア 千葉県内:我孫子市・柏市・流山市・松戸市・野田市・白井町・成田市

     印西市・鎌ヶ谷市・八千代市・習志野市・船橋市・市川市・

     四街道市・浦安市・千葉市花見川区

     

茨城県内:取手市・龍ヶ崎市・利根町・牛久市・守谷市・つくばみらい市・

     阿見町・つくば市・土浦市・常総市・坂東市・稲敷市

      

埼玉県内:三郷市・吉川市・越谷市・八潮市・川口市・草加市・松伏町

     春日部市・さいたま市南区

     

東京都内:葛飾区・江戸川区・墨田区・台東区・荒川区

 

上記に記載がない場合はお問い合わせください。

----------------------------------------------------------