家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】

地震に強い構造で、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。たった1台の家庭用エアコンで家中冷暖房の快適住宅。省エネ・エコを推進するアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】 イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した高気密高断熱・省エネ・エコ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

住環境

6月に入りようやく経済が動いてきた感がありますが、それによるコロナウイルス感染の第二波が懸念されています。マスクは必需品となるようですが、いつまでこのような暮らしが続くのか?もしかしたら・・・今後ず〜っとなんて事になるのか。早くワクチンが出来ればよいのです
『断熱・気密・換気 4』の画像

これから梅雨に入るまではとても気候の良い時期で、窓を開ける事で簡単に換気は出来ます。 以前にもお話しましたが、入り口と出口を明確にして風(空気)を取り入れてください。   2階建て住宅では1階のリビング(南側など)などの窓を開けて2階の対する窓(北側など)を
『断熱・気密・換気 3』の画像

  緊急事態宣言の解除も東京都と一体化となりましたが、ようやくもう一歩の所まできました。 多くの業種で悲鳴を上げているものの国からの給付金は未だ届かず、国民1人あたり10万円の給付も早くて来月中旬だそうです。困っているのは‘今’なのに・・・なんて遅れた国家な
『断熱・気密・換気 2』の画像

5月も半ばになり、時に真夏のような気温も出始め、熱中症にも注意が必要となってきました。新型コロナウイルスも‘暖かくなれば収束に向かう’との当初の話通り、行動の自粛もあいまって一時的にも収束に向かい、多くの自治体で緊急事態宣言も解けたので感染予防しながら、少
『断熱・気密・換気 1』の画像

新型コロナウイルスは感染拡大の一途を辿っています。世界的にもなんだか冬の時代ですね。 いつになったら収束に向かうのか?心配です。   さて、お出でになるお客様の年代も30歳代の方も多くなり、正しく勉強されていると換気についての質問を受ける事があります。  
『何故、換気は3種なのか?』の画像

こんにちは!スタッフ 堀です。立春は過ぎても、まだまだ本格的に春とはならないこの時期。 室内の不快な寒さ(夏は暑さ)の一因に、「開口部からの熱の移動」があります。窓枠やガラスの材質により、熱の伝わりにくさ(断熱性・遮熱性)は大きく違ってきます。(枠はア

「高気密・高断熱住宅 湖北台体感ハウス 今日の温度」というタイトルで、エアコン1台で家中どこにいても均一な温度で快適に暮らすことが出来るか週に一度外気温と室内温度をUPしていこうと思っています。   早いもので、柏市からこちらに引っ越してきて3ヶ月になります
『『毎週木曜日に始める新しいブログを開設しました』By中西    2020.01.24』の画像

こんにちは!スタッフ 堀です。   東京都が公表した、今年の花粉飛散予測によりますと、都内全体で花粉の飛ぶ量は去年春の6割程度になるそうです。 ほか、気象ニュースにおいても、関東を始めとして全国的に前年より量の少ないところが多いとのことです。 都内におい

こんにちは!スタッフ 堀です。 さて、旧事務所の方は地下倉庫も含めてすでに退去。必要なものはすべて新事務所の方に移してきています。 が、すぐには使わないものを倉庫へしまいこむ前にちょっとひと手間かけておきます。 というのも、以前の倉庫は地下ということもあ

こんにちは!スタッフ 堀です。まだまだ「秋」とは言い難い気温ですが、遠からず涼しさがやってくるのでは・・・と思います(期待しています)。そして、快適な時期はさほど続かず、「冬」になっていってしまうのでは?とも。 少し気は早いですが、冬に挙がる「健康に関す

つい一週間前までは長すぎる梅雨で一か月間の日照時間が3時間なんて天候だったのが、梅雨が明けた途端、この猛暑。 外で工事を行っている方たちにとっては、毎日の雨と高湿度から、今度は高温による熱中症への危険と目まぐるしい気象変化で体がついていかないようです。  

こんにちは!スタッフ 堀です。先週から、突然の暑さがやってきましたね。ついに事務所でも扇風機と冷房が稼働したところです。すでに熱中症となった方もおられるというニュースを聞き、BBQ大会が先週で良かった・・・と心底思います。 今回は、この時期気になってくる「暑

こんにちは!スタッフ 堀です。そろそろ桜の季節が近づいてきましたね。家の周りで、通勤途中で。淡いピンク色の木々が見られるのが、毎年楽しみです。 さて、タイトルの「酸素・水分・温度・栄養」。これ、なんだと思いますか?これは、「木材腐朽菌の繁殖に必要な条件」

こんにちは、スタッフ 堀です。さて、暦の上では「立冬」。ご家庭の浴室やトイレ、廊下。朝晩に少しずつ冷え込んできたりしていませんか?弊社事務所がまさにそう(そして我が家も)。まだ暖房までは必要ないものの、ひざ掛けがないとどうも落ち着いてデスクワークができま

こんにちは、スタッフ 堀です。朝晩の気温がだいぶ落ち着いてきたように思います。あとは、台風が去ってくれてお天気に恵まれたらいうことはないのですが・・・。 さて、前回 「収納スペース」について少しお話しました。押入れやクローゼットといった空間には、基本的に

こんにちは、スタッフ 堀です。涼しくなったり暑さが戻ったりと安定しないこの頃。連休中にクローゼット内の衣替えをするつもりでしたが、両日ともまだ暑かったために、夏服のすべてを入れ替えることができず(ウールとかまだ見たくもなかったのです(汗))中途半端な出来

こんにちは、スタッフ 堀です。非常に大きな台風21号が迫っており、関東でも風が強く、天気は不安定。豪雨災害に見舞われた西日本を中心に、これ以上大きな被害が出ないことを祈るばかりです。さて、夏季・そして年末年始の長期休暇に入る際、ひそかに頭を悩ませることがあ

こんにちは、スタッフ 堀です。夏季休暇を挟み、2週間ぶりのブログです。 相も変わらず設計業務に勤しんでおりますが、先日、珍しく「平屋建て」の建物の設計依頼がありました。資料の案内図や配置図を見るに、敷地には十分なゆとりがありそう。周りが2階建てでも、採光

こんにちは、スタッフ 堀です。 前回は、道路が土地のどの方角に接しているか・・・によって変わるメリット・デメリットについてお話ししました。今回は、それにちょっと関連して「旗竿地(はたざおち)」のお話を。 「旗竿地」・・・その名の通り、旗竿のような形状をし

こんにちは、スタッフ 堀です。 先週までは土地を選ぶ際のチェック項目についてお話しさせていただきました。今回は、建物の敷地には必ずついてくる「道路」について、その接している方角ごとに考えられるメリット・デメリットをお話ししたいと思います。 ●北道路のメリ

↑このページのトップヘ