家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】

地震に強い構造で、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。たった1台の家庭用エアコンで家中冷暖房の快適住宅。省エネ・エコを推進するアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】 イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した高気密高断熱・省エネ・エコ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

千葉県

11月もそろそろ中旬。寒さも一息ついているのでしょう、朝晩は寒くなりましたが昼間は薄着で問題ないくらいの暖かさですがそれと同時に乾燥が進んでいます。三種換気の関係からか家の中も過乾燥気味になってきていますので、適せん、加湿器などを併用して湿度を50%前後にし
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その8』の画像

あっと言う間の11月突入です。 新型コロナウイルスも終息とはいかず、冬に向けて一層の感染対策を行いながらの暮らしが続きますね。 私の嫌いな冬の季節が一層嫌いになります。  嫌だ嫌だとぼやいていても仕方ありませんね。   「船橋市二和東の家」のパースが出来ま
『「船橋市二和東の家」パースが出来ました』の画像

少し間が空きましたが、続きです。次に断熱性能。 弊社では2005年から㈱アキレスの‘外張り断熱’を採用して、現在ではQ1ボード(Q値が1..0に掛けています)となっています。 専業の設計事務所から建築も始めたのが2003年なので2003年〜2005年までの約2年間は充填断熱で設
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その7』の画像

  思い起こせば、弊社は我孫子の地に正式に新規オープンしたのは2019年11月1日ですが、昨年10月22日に18年間お世話になった従前の地、北柏から引っ越して一年が経ちました。   「我孫子の地に来て1年」なんてイベントも行いたいところですが、この状況ではかないません
『我孫子に来て1年経ちました』の画像

現場日誌「フェラーリは今日も行く」の更新も相変わらず滞っていますが、現在工事は柏市I様邸のキッチン変更を伴う増改築工事を行っています。   このI様は2年ほど前にも浴室と洗面所の拡張及び機器変更工事を依頼されていて、今回は2度目の工事になります。   リフォ
『「船橋市二和東の家」設計中』の画像

先月終わりから始まった増改築工事。先月末までに無事に基礎を完了したのですが、大工工事が始まった途端に雨、そして台風。台風は関東上陸もなく、また大した被害も及ぼすことなくUターーン。外壁の工事もあるのでこれ以上の雨は要りません!さて続きです。弊社のお施主様
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その6』の画像

5
めっきり秋めいてきました。新型コロナウイルスですが少し落ち着いてきたように感じていましたが、お彼岸で人が動き、また東京都がGO TOに入り、都内では連日200人近くの感染者が出ています。柏でも病院やレストランでクラスターが起きて連日数十人が感染しています。ですが
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その5』の画像

・・・・前回の続きです。未だに多くの住宅会社では気密測定をしていません。しかしながら「わが社の住宅は〇〇くらいです」や「このモデルハウスでは〇〇です」と話されています。 おかしくありませんか? 気密性能値は個々の住宅によって変わります。 何故か?・・間取
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その4』の画像

続きです・・・・  気密性能も重要視されたことで、かねてから断熱と気密、換気はセットで考えていた私たちにも朗報でした。いくら断熱性能をUPしても気密が悪ければ損出箇所から熱の出入り(損出)が頻繁に行われ光熱費が掛かり、省エネにはならないからです。   私
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その3』の画像

続き・・・・   住宅の性能は‘快適’‘暑さ寒さを感じない’など言葉では簡単に言い表すことが出来ますが、全く同じ住宅を同じく同条件化で比較しなければその良し悪しはわかりません。この断熱性能値が次世代省エネ基準から数値で表すことが出来るようになりました。こ
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その2』の画像

このテーマには答えがあるのか? 私見で考えてみます。   プロローグ・・・・ 私たちが20年以上も前から取り組んできた‘省エネ住宅’‘高断熱高気密住宅’が震災以降あたかも以前から取り組んでいるかの如く、言葉だけは今では当たり前のようになっています。   将
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その1』の画像

  今年ももう少し残暑が続きそうです。 コロナウイルスの事もあり外に出てお客様にお会いする、また買い物の際にはマスクをしていますが、少しの時間でマスク内は汗でびしょびしょ。一日マスクをしている方はさぞや大変な事でしょうね。   さて8月に入り猛暑の日々が続
『湖北台体感ハウスの一部改修 2』の画像

お盆の休暇から一週間が過ぎました。外は猛暑。普段から外で仕事をしている職人さんですら1時間以内で休憩を取らないと大変だと話します。屋根やさんはさぞかし大変な事でしょう。弊社の屋根屋さんも60歳を過ぎているし・・・後で電話をしてみよう。さて先の通り、今年の夏も
『湖北台体感ハウスの一部改修』の画像

今年のお盆休み、みなさんは如何お過ごしだったでしょうか?今年は新型コロナウイルスで昨年までと違う夏となりましたが、この暑さも異常です。今月に入り再開したエクステリア工事もこれからが佳境になります。職人さんには熱中症に注意しながらお願いしなければなりません
『業務再開』の画像

関東地方は7月末の時点で梅雨が明けず、日本全体では各地で大雨による河川の洪水などで大きな被害を及ぼしました。思えば昨年の梅雨時期は現在の地、我孫子市湖北台の体感ハウスの建築中、しかも基礎工事が終わりフレーミング(構造組み立て)の時期で、ある程度の雨は覚悟し
『関宿城博物館』の画像

*先週の金曜日の中西のブログは休日のため、お休みしました。右往左往したGO TO トラベルが始まった四連休も終わり、またもや新型コロナウイルスの感染拡大が始まっています。なんだかGO TO 感染拡大キャンペーンの様相です。私たちも感染すれば重症になるかも知れない世
『梅雨明けが待ち遠しい・・』の画像

次回の続きです。   建築士会は‘資格団体’、建築士事務所協会は‘業務団体’というすみ分けになります。   建築士は国家資格ですが、有資格者は様々な理由で資格を取得していると思います。 会社から取得されるように言われて・・、行政や学校の関係で・・・、設計
『建築士事務所協会の支部報告会 2』の画像

先週の金曜日の夜、幹事を務めている【公益社団法人 千葉県建築士事務所協会 東葛支部】の昨年度の報告会に出席してきました。   一昨年から柏市で開催されている無料の‘簡易耐震診断相談会’の相談診断士になり、昨年からはとうとう支部の幹事の職を仰せつかりました
『建築士事務所協会の支部報告会』の画像

先週末の熊本県や鹿児島県を襲った大雨では、またもや川が増水し反乱。 多くの方々が被災する災害となりました。被災された方にはお見舞い申し上げます。 もはや数十年に一度や百年に一度などの雨や台風などの災害は数年前から何度も起こり、さらに規模も大きくなっている
『断熱・気密・換気 7』の画像

今回は梅雨の時期なので、断熱・気密・換気のお話をお休みして温度と湿度の関係についてのお話です。   弊社の住宅は家庭用エアコン1台で暮らせるシステムを作り上げています。 このシステムはきれいな空気をエアコンで冷暖房しダクトにより各所に配る事で気流も無く体感
『温度と湿度の関係』の画像

↑このページのトップヘ