家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】

地震に強い構造で、平均熱貫流率0.4の外断熱・高気密高断熱住宅。たった1台の家庭用エアコンで家中冷暖房の快適住宅。省エネ・エコを推進するアーキテクトビルダーとそのスタッフのBLOG

家庭用エアコン1台で一年中快適に暮らせる家づくり【高気密高断熱住宅】 イメージ画像
理想の断熱’外張り断熱’と次世代サッシで冷・暖房費を大幅に削減した高気密高断熱・省エネ・エコ住宅を設計/施工。
女性コーディネーターを交えて「和気あいあい」と打ち合わせをしながら、本格的注文住宅をお施主様と創造します。
金利優遇された’認定低炭素住宅’がコストUPなしで建築可能ですので、資料請求よりお問い合わせください。

外張り断熱

先月終わりから始まった増改築工事。先月末までに無事に基礎を完了したのですが、大工工事が始まった途端に雨、そして台風。台風は関東上陸もなく、また大した被害も及ぼすことなくUターーン。外壁の工事もあるのでこれ以上の雨は要りません!さて続きです。弊社のお施主様
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その6』の画像

新型コロナウイルスでテレワークになり、部屋に花を飾る方が増えているそうですね。 生の切り花や観葉植物も良いですが、そこまでは大変という方にお勧めなのがフェイクフラワーとフェイク観葉植物です。 以前にもご紹介しましたが、最近新にフラワーアレンジメントを作り
『『暮らし方の提案〜フェイクフラワーとフェイク観葉植物のアレンジメント〜』 By中西    2020.10.09』の画像

5
めっきり秋めいてきました。新型コロナウイルスですが少し落ち着いてきたように感じていましたが、お彼岸で人が動き、また東京都がGO TOに入り、都内では連日200人近くの感染者が出ています。柏でも病院やレストランでクラスターが起きて連日数十人が感染しています。ですが
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その5』の画像

・・・・前回の続きです。未だに多くの住宅会社では気密測定をしていません。しかしながら「わが社の住宅は〇〇くらいです」や「このモデルハウスでは〇〇です」と話されています。 おかしくありませんか? 気密性能値は個々の住宅によって変わります。 何故か?・・間取
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その4』の画像

続きです・・・・  気密性能も重要視されたことで、かねてから断熱と気密、換気はセットで考えていた私たちにも朗報でした。いくら断熱性能をUPしても気密が悪ければ損出箇所から熱の出入り(損出)が頻繁に行われ光熱費が掛かり、省エネにはならないからです。   私
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その3』の画像

続き・・・・   住宅の性能は‘快適’‘暑さ寒さを感じない’など言葉では簡単に言い表すことが出来ますが、全く同じ住宅を同じく同条件化で比較しなければその良し悪しはわかりません。この断熱性能値が次世代省エネ基準から数値で表すことが出来るようになりました。こ
『住宅性能はどのレベルがベストなのか? その2』の画像

こんにちは!スタッフ 堀です。   今回は、「高度地区」というものについて少しお話させていただこうと思います。 「高度地区」とは、「都市計画法」において定められるもので、 「用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高

今回は梅雨の時期なので、断熱・気密・換気のお話をお休みして温度と湿度の関係についてのお話です。   弊社の住宅は家庭用エアコン1台で暮らせるシステムを作り上げています。 このシステムはきれいな空気をエアコンで冷暖房しダクトにより各所に配る事で気流も無く体感
『温度と湿度の関係』の画像

エムアンドエー設計工房の住宅では2005年から‘外張り断熱’を採用しています。 当時は「断熱材がずれ落ちる」「燃えやすいからよくない」「価格が高い」など外張り断熱は言われ放題でした。 ところが【いい家がほしい】(松井修三:著)がベストセラーとなり状況は一変(
『断熱・気密・換気 6』の画像

断熱には皆さんもご存知の通り、構造体の壁の中に入れる「充填断熱」と構造体の外側に張るように取り付ける「外張り断熱」の2種類があります。   そして素材としては多種あり、充填断熱の代表的なグラスウールやロックウールなどのマット系は無機繊維系。 またセルロース
『断熱・気密・換気 5』の画像

↑このページのトップヘ